2018年度のatelierがスタートしました☆今年のatelierも阪神児童画研究会の児童画展に向けて夏まで筆やハサミを使い勝手気ままに今日の気分やお友達との会話その日の出来事!色!子どもながらの思惑!戦略!魅せ方伝え方!素の子ども達の子どもだから出来る子どもらしくチープで単純な表現が良くて、見守ってます。生意気になったりもするけど、そういうイケイケな気持ちも大切だと思うしほんの少しアイデアを出してみたら乗ってくる子ども達とのコミュニケーションが大事かな。そんな子ども達の筆運びやアイデアのお手伝いにてんてこまいのわたしです。筆だけで描く絵画は良く描写できているとか出来ていないとかの差がそんなに出ないから気持ちだけでの一本勝負です☆だけどそれは子ども達の「そのまんま」が出て指導者?としては恥ずかしい事なのかもしれません。それでも私は子ども達に自分をいっぱい出してママやパパ、知らない誰かに感動を!なのです。わたしも絵を描き続けています!でも誰かに絵の描き方を教えてもらった記憶はありませんそれなのに自分が描いた絵をみた他の誰かに何かが伝わった時、泣きそうになるし絵が描けない時や壁にぶつかった時は自分の絵が励ましてくれます。子どもの絵や造形に今はテクニックなんて必要ないし心がこもっていたら素直に描けていたら全部OK!でいいじゃない☆何を描いているのか分からなくったっていいんです!みる人がみたら分かるのだから・・・自信もって表現するべしです。そんなatelierの子ども達の児童画展は頭を柔らかくしてからお楽しみ下さいませ~

 

8月はatelierおやすみしますでも

Tシャツにお絵描きはしましょうね☆

 

とはいえ、2学期にはテクニックを伝授出来るように、しっかり夏休みは図画工作の勉強をかぱ先生はします!頑張ります!

 

そして3学期にはatelierの曜日と場所、時間のお引越しを考えています。

詳しくは夏休み明けに・・・!